■タカの渡りについて (後半に観測結果のまとめ)

猛禽類の魅力にはまり、地元でも多くの猛禽類が見られるということで、
2010
年よりタカの渡りのシーズン(9月上旬〜11月中旬)は、衣笠山展望台で観測を続けています。
これまで確認した猛禽類は次の通りです。
サシバ、ハチクマ、ノスリ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、ミサゴ、チゴハヤブサ、
オオタカ、ハイタカ、ツミ、アカハラダカです。

20150920



観測場所  神奈川県横須賀市 衣笠山展望台

経度139°40′  緯度35°15

海抜 134メートル

★2017年度観測報告 (2017/09/10更新)

日にち

天気

時間

サシバ

ハチクマ

オオタカ

ノスリ

ツミ

ミサゴ

ハイタカ

チゴハヤブサ

備 考

9月9日

晴れ

0830-1130

6

 

2

4

1

 

 

 

気温23-26度
観測者 沼田氏、幕田氏、渡邊

秋の渡り観察の初日。
幸先のよいスタートが切れた。
サシバは全て単独行動だったが、これまでで最も低い所を飛んでくれたのと、何度も旋回してくれる過去に例の無い大サービスをしてくれた。ノスリは全て逆渡り。オオタカは2度チャンスがあり、どちらもトビとバトルをしていた。
他はツバメ4羽、アマツバメ5羽、キジバト1羽、
イソヒヨドリ1羽、

9月10日

晴れたりくもったり

0850-1145

10

3


5
不明

 

 

2

 

1

 

 

 

気温26-28度
観測者 渡邊

「残暑はもうやってこない」と思っていたら、さにあらず。
ミンミン、ツクツクはまだ元気に健在。
空を見上げても、夏に見られる入道雲が空いっぱい。
完全に夏復活の陽気の中でのタカの渡りを観察しました。
本日のサシバは、どの組も高い所を移動していきました。
中には不思議な振る舞いの組みもありました。房総方向からやってきた6羽のうち、1羽は西へと移動。残りの5羽は横須賀中央上部まで旋回しながらやってきて、また元のルートで房総方面にUターン。それから数分後に再び5羽が現れ、2組に分散しながら消えていきました。
展望台に向かう途中でコジュケイの親子を発見。子供は、親と同じ大きさまで成長していました。帰りには、キジバトのカップルが、日光浴をしていました。
他はアマツバメ 31羽 ツバメ 5羽 カワラヒワ2羽 コジュケイ5羽 キジバト2羽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★2015年度観測報告 (2015/11/21更新)

日にち

天気

時間

サシバ

ハチクマ

オオタカ

ノスリ

ツミ

ミサゴ

ハイタカ

チゴハヤブサ

          備  考

9月19日
晴れ
9:00 12:20

1

 

 

 

1

1

 

 

気温28度
観測者:鈴木氏、中村氏、渡邊

ツバメ2羽、エゾビタキ5羽、

9月20日

曇りのち快晴
8:00 12:45

5

5

1

6

2

 

1

 

1

気温27度
観測者:神渡氏、清田氏、渡邊

チョウゲンボウ1羽、ツミ1羽(逆)、ツバメ12羽、アマツバメ5羽、エゾビタキ数羽

9月21日

晴れたり曇ったり

8:10 13:00

 

16

 

4

 

2

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温26度
観測者:神渡氏、幕田氏、渡邊

ツバメ5羽、アマツバメ数羽、モズ1羽、エゾビタキ、コサメビタキ(斉藤氏撮影)

サシバは5羽集団、4羽集団、3羽集団、2羽集団、以外は単独。いずれも高い場所を移動。

 

9月22日

快晴

8:50 10:30

 

 

4

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温26度
観測者:斉藤氏、神渡氏、石渡氏、幕田氏、渡邊

石渡氏キビタキ雌撮影、墓参の為、早々に撤収。

9月23日

晴れ

08:15 13:00

5

1

5

 

2

1

 

 

1

 

気温26
観測者:清田氏、神渡氏、石渡氏、幕田氏、幾与氏、井上氏、渡辺氏、中村氏、月館氏、山中氏、渡邊

累計で15羽確認。そのうち逆渡りは3羽。
12時過ぎに現れたサシバは4羽集団で、かなり高い場所を移動していった。
珍しい登場としてはオオタカ2羽が同時に現れた事。
ノスリを追いかけて突然現れたオオタカとのバトルは見ごたえがあった。
最も嬉しかった事は、12時頃に現れたオオタカで、かなり近いところを何度も旋回してくれた。

9月26日

曇り時々晴れ

12:00 15:00

 

 

1

 

1

非渡り

 

 

 

 

気温24度
観測者:篠塚氏、渡辺氏、渡辺

雨が上がったので午後から展望台へ。
この日、渡りをする猛禽は少なめだった。
トンボ?を捕食しながら移動するチョウゲンボウ1羽を確認。(訂正)
番外では、アマツバメ2羽、キビタキ雌3羽。

 

10月03日

晴れ

08:00 12:00

 

27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

非渡り

 

 

1

非渡り

 

 

1

渡り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温26度
観測者:井上氏、山中氏、篠塚氏、鈴木氏、渡邊


今期最大のサシバの渡りを確認。最大で15羽の群れが渡っていったが、何れの群れも双眼鏡レベルの遠くて高い場所だった。ツバメやアマツバメも相当の数を見ましたが、こちらも相当高い場所で群れていた。
番外では、エゾビタキ1羽、モズ1羽、イソヒヨドリ雌1羽、カワウ1羽

10月に入ったので期待感が強かったけど、思っていたより渡る猛禽が少なかった。どうやら風向きが良くなかったのか。南よりの風が吹いていた。

10月04日

晴れ時々曇り

08:15 14:00

 

 

 

13

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温25
観測者:篠塚氏、渡邊夫妻、幕田氏、月館氏、渡邊

朝からすがすがしい秋空(すじ雲)だったが、次第に夏雲にかわっていった。微風が吹くと涼しかったが、風が止むと蒸し暑くなった。始めは1人で観測していたが、篠塚さんと渡邊夫妻が加わり、11時過ぎには幕田さんも登場。12時半過ぎには月館さんも加わる。現地には約6時間ほどいたが、風向きがころころと変化し、思ったほど渡りをする猛禽はいなかった。サシバ集団は7羽が最大。猛禽の変わりにアマツバメの大群が何度も上空を通過していった。多すぎてカウントは不能。その中にはツバメやヒメアマツバメ、ハリオアマツバメの姿も。珍しいところでは、6羽集団のトウネン? が北東から南に移動していった。(ブログ画像参照)あと、サシバ4羽とトビ1羽のグループ移動があった。添付の画像で大きさ比較が可能。ヒヨドリも群れではなく、単独で公園内に入ってきて声を上げていた。遠方からはモズの鳴き声も聞こえてきた。

10月10日

曇り

08:00 10:30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温21
観測者 月館氏、渡邊

天気は下り坂だったが、雨が降っていないのでいつもの展望台へ。途中、アサギマダラと遭遇し、30分ほど遅れ。現地には月館さんが8時から観測されていた。風も弱く渡りをする猛禽類は現れ。午前中はずっと観測する予定だったが、10時辺りから展望台付近におびただしい数の羽蟻が現れ、観測に集中できず、10時半には下山。

10月12日

快晴

09:00 13:00

 

 

 

 

 

2

 

2

 

1

 

 

 

 

 

 

 

気温24
観測者 月館氏、篠塚氏、渡邊

展望台から富士山の初冠雪が見えた。
開始早々は、無風だったが、1時間ほどして南風に変わった。待てども一向に渡る猛禽は現れない。
ツバメ系も全く現れない。痺れをきらし、後半は双眼鏡で遠方を覗いているといくつかヒットした。それがこのデータ。大楠山方向にハヤブサが1羽いて、獲物を狙っていた。展望台では見かけなかったが、下界では、何グループか南下するヒヨドリ集団を確認。今日も10日に見た同じアサギマダラを確認した。

10月25日

快晴

09:15 12:00

 

 

 

 

4

 

3

非渡り

2

 

1

非渡り

 

 

 

 

 

 

 

気温22度
観測者 石井氏、渡邊

風速10m以上の北風が吹く中の観測。最初に現れたのがチョウゲンボウの雄1羽。10時以降は猛禽の出はなくなりました。オオタカ2羽が仲良く渡って行く様子が微笑ましく見えた。ノスリ2羽は大楠山の留鳥? 不思議な行動としては、通常は西へと移動するアマツバメ(20羽集団)が、千葉方面に移動していった事。

番外編としては、北からやってきたカルガモ6羽が、かなり高い所を南に移動していった。カモメも1羽南へ移動。

 

11月03日

快晴

10:30 14:30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

留鳥

 

1

非渡り

4

 

2

 

 

5

非渡り18

 

 

 

 

気温21度

観測者 渡邊

朝は多少雲があったが、徐々に快晴に変わっていった。風も弱く清清しい陽気。今日は猛禽類の観測する予定はなかったが、展望台についていきなりハイタカ2羽を確認。それに気をよくしていると、ハイタカが次から次へと現れ、最初の45分間は忙しかった。
その後も頻繁に現れ、全部で23羽数えた。しかし、5羽が渡りで、残りの18羽は全て千葉方向に飛んでいった。多い時は3羽の群れで移動するグループも。2羽のグループも3組あった。ミサゴ1羽は大きな魚を掴んでいた。ダイサギが2羽高い所を移動していった。カワウの群れも見かけたが、カワウはX字編隊にはならない飛び方だった。今日は正しくハイタカデー。しかし、不思議なことに、その多くが房総方面に移動した事だ。
本日確認した猛禽は、ハイタカ23羽(逆渡り18羽)、ミサゴ2羽、ノスリ2羽(2羽留鳥)、ツミ5羽(逆渡り4羽)、チョウゲンボウ1羽

 

11月7日

曇り

9:00 14:00

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

1

非渡り

1

逆渡り18

 

 

 

気温20度

観測者:清田氏、月館氏、山中氏、渡邊

3日のハイタカ大出現に気をよくし、再度ハイタカに挑戦すべく展望台へ。今日もハイタカデーと言ってよいほど飛んでくれた。その多くが北側コースと天頂コースで、大半が逆渡りで房総方面に移動していった。移動する高さは意外に高い所を通過。ほとんどが単独行動だったが、3羽と2羽グループもあった。

この時期に、夜囀る野鳥の主がタヒバリであることが現地でわかった。

本日確認した猛禽は、ミサゴ1羽(非渡り)、ハイタカ18羽(逆渡り1羽)、オオタカ1羽、チョウゲンボウ2羽

 

11月21日

晴れ

9:30 13:45

 

 

 

 

 

 

 

 

2

5

 

3

 

 

1

 

 

2

2

1

 

 

4

5

 

 

 

 

 

気温18
風向 北東
観測地 武山展望台
観測者 渡邊 他4

最近、チュウヒが出たということで、約1年ぶりに武山に登りました。現地には8時から観測する人がいて「まだ全く猛禽が現れません」と。
到着後20分ほどして、950分頃から2羽のミサゴが現れ、しばらく旋回した後で北の方向に移動していきました。その後も頻繁に猛禽が現れ、前半はミサゴが登場。その後はハイタカ、オオタカが現れ、後半はノスリとツミが現れ、合計25羽の猛禽を確認しました。猛禽外ではカラワヒワ、ジョウビタキ、シメがいました。

■タカの渡り観測のまとめ(衣笠山観測編)
私の住んでいる三浦半島には、トビが沢山生息している。
海岸線に行けば、その数の多さには驚く。
猛禽類の中でもスズメ感覚で見ることが出来る為、新鮮さには欠けるが、どこにでもいる猛禽だ。
数の多さからすれば代表的な存在であるトビ。
トビ以外の猛禽類をあげると、ノスリ、サシバ、ハチクマ、オオタカ、ハイタカ、ツミ、ハヤブサ、チゴハヤブサ、
チョウゲンボウ、ミサゴ等がいるが、それらを直接見る機会が無かった為、地元では見ることが不可能な存在と決めつけていた。
しかし、地元にある武山展望台アゼリアハウスで「多くの猛禽類を見ることが出来る」という情報を得て、
2008年秋、9月下旬から10月初旬にかけて武山展望台に赴いた。
武山展望台は神奈川県横須賀市武1丁目にあり、標高200.4mと三浦半島のほぼ中心に位置している小高い山。
道はかなり狭いところもあるが普通車で登れ、12〜13台は駐車可能な場所がある。

タカは渡り方法は、波状飛行をする性質があって、上昇気流に乗って上昇し滑空する方法なので、
上昇気流が発生しやすいこの武山は、渡りには重要な拠点であるといえる。
この展望台で観測を数回重ねた結果、いくつかの法則が読めてきた。

その法則は次のような事。

1.基本的には房総半島からやってきて西に移動する順渡り。
2.西からやってきて、房総方面に移動する逆渡り。
3.秋の渡りではサシバはほとんど順渡り。
4.逆渡りする猛禽はサシバ以外のものがほとんど。
5.房総半島からやってきて、武山上空でタカ柱を作る確率は2〜3割程度。
6.移動する際に旋回するパターンが多く見られる。
7.移動するコースは、南側コース、武山通過コース、北側コースに分かれるので、渡る範囲は広い。
8.猛禽類以外でも渡っていく夏鳥やアサギマダラが確認できる。
9.渡っていく猛禽類は、比較的高い所を移動していく。

これらの法則から、武山より北側コースを移動する猛禽なら衣笠山展望台でも観測できると考え、
2011年より4年間、秋の渡りを観測したので、その解析結果を報告する。
観測は一人で行い、カメラで撮影して後から記録と識別を行った。
展望台に来る来訪者との雑談する事もある為、見逃している個体も多いと思う。


●解った事

 1.衣笠山展望台上空を渡っていくサシバは、鋸山方面からやってくるものと猿島方面からやってくる2パターンあり。
 2.サシバの多くは、海側のコース(南)を渡って行き、途中、大楠山で上昇しながらタカ柱を作りその後西に滑空して行く。
 3.サシバの群れは、比較的高い所を移動していく。
 4.ミサゴが渡る際には、鷲掴みした魚を持っていることが多い。
 5.大楠山付近には留鳥のノスリが多い。
 6.衣笠山上空ではタカ柱を作ることはない。
 7.台風一過の晴れた日には、サシバの群れが多く飛ぶ。
 8.渡りの時間帯は午前中にピークを迎えるが、過去に1度だけ午後2時頃に無数のサシバが渡るのを確認。
   その時は、かなり高い場所を渡っていった。
 9.強風が吹いている時でも、風に逆らって西に渡っていくサシバを見た。
10.晴れている方が見られる確率は高いが、曇り空でも渡りを見るチャンスはある。
11.数は圧倒的にサシバが多く、あとはどっこいどっこい。
12.ベアで移動する猛禽は、サシバ、ミサゴ、ハチクマ、ノスリで、オオタカ、ハイタカ、ハヤブサ、ツミ、チゴハヤブサは単独行動が多い。
13.衣笠山展望台から見て、さらに北側コースを渡っていくグループもまれに見る。
14.猛禽の群れに混雑するツバメ集団も見かける。
15.ツバメ集団がタカ柱に加わる事もある。
16.ツバメ集団は混雑にならず、同種で移動することが多い。
17.武山でタカ柱を作った後の次のタカ柱は、大楠山上空で作る。



渡邊
2014/11/12報告

注記
ここからのデータは、勝手に閉鎖されてしまったサイトからデータを回復することに成功したものの、
ページもスタイルも何もできないので、とりあえずそのまま掲載することにしました。
2013年度はなぜかデータが行方不明。
★2014年度観測報告

日にち

天気

時間

サシバ

ハチクマ

オオタカ

ノスリ

ツミ

ミサゴ

アカハラダカ

チゴハヤブサ

          備  考

9月13日
晴れ
8:00 10:00

 

 

1

 

 

 

 

 

ツバメ5羽、コシアカツバメ1羽、アマツバメ6羽

9月13日晴れ
10:30
12:00

1

 

 

3

 

8

 

 

1

 

 

 

この日は富浦公園で2時間、衣笠山に移動して1時間半観測しました。風邪気味で体調がよくありませんでしたが、満足のいく観測が出来ました。一度、頭上10 メートルのところを通過したオオタカの撮影チャンスを逃したことだけが悔やまれました。ノスリは確認したままの数値ですが、ペアでの姿をみているので、同 一固体の可能性大です。ツバメ1羽

9月21日
晴れ
08:20
12:30

23

3

3

1

3

1

2

 

気温も24度と爽やかな陽気でした。数も種類も多く見られました。サシバは上空を通過したのが2組で、後の2組は南側を通るコースでした。南側を通過したグループは大楠山でタカ柱を作って西へと移動していきました。アカハラダカは成鳥と幼鳥を確認。その他は、ヒメアマツバメ3羽、ツバメ7羽、アマツバメ5羽、アサギマダラ1匹

9月23日
晴れ
08:30
12:00

21

5

3

1

 

 

 

 

気温26度とやや汗ばむ陽気。サシバは全て南側低空のコースを通り、大楠山でタカ柱を作り西へ移動していった。1度60羽のツバメと混合のタカ柱も見られた。
上空を追加していったハチクマが印象的だった。
その他では、ツバメ65羽。

 

 9月27日
晴れたり曇ったり
09:00
12:00

4

 

 

1

 

1

 

 

 

気温23度。北東からのやや強い風が吹く1日でした。
北東方向からやってきたのはサシバ1羽。残りのサシバ3羽は南側低空を移動し、大楠山で旋回した後、西に移動していった。ミサゴは南からやってきて横須賀中央方面に移動。その他は、エゾビタキ5羽、ツバメ1羽。雲を通してみた太陽に、割りと大きい黒点群が見えた。 

 9月28日
晴れ
09:30
11:30

3

 

 

 

 

 

 

3

 

 気温24度。今日はタカウォッチングデビューの娘と一緒に観測しました。台風17号の影響で強い北よりの風が吹いていて、その風に乗ってやってきたサシバ3羽が頭上を通過。超低空を通過していくチゴハヤブサ2羽と南側コースを移動中の1羽を確認した。その他はチョウゲンボウ2羽とアマツバメ6羽、ツバメ3羽を確認。今日は土星食が午後から控えている為、早めに下山しました。

10月04日
曇り
08:20
11:00

 

 

 

 

 

 

 

 

気温28度とやや汗ばむ陽気。台風18号の影響で曇り空。この日は風も無くてトビ以外の猛禽類はゼロ。ツバメですら確認できない。ヒヨドリが渡ってきて16羽南下してきた。メジロの渡りは聞いたことが無いが、この日は累計にしてメジロが20羽近く西に移動していくのを確認。その他はモズ2羽、ヒヨドリ16羽、ウミネコ1羽、エゾビタキ1羽。

10月11日
晴れたり曇ったり
09:00
11:00

 

 

 1

 

 

 

 

 

気温21度。本日は観測場所を富浦公園に移動。
どの方向を見てもトビだらけ。モズ1羽、ツバメ9羽、エゾビタキ3羽、ヒドリガモ32羽、ユリカモメも何羽かやってきていた。オオミズナギドリの姿も多く見られた。帰りに轡堰に立ち寄り、オナガガモ13羽、ヒドリガモ12羽、キンクロハジロ1羽、オオバン3羽確認。残念だった事は、アオサギ2羽の死骸が築島に転がっていたこと。

10月12日 
うす曇
09:00
12:00

 

 1

 

 

 

 

 

 

 

気温22度。台風19号の動きが遅い為、横須賀は朝から日が差し込んでいたので、いつもの展望台に。この日も見えるもの全てがトビかカラス。ヒヨドリも渡ってきていたが、例年より少ない。この日のカウント18羽。この日の収穫は、11時5分にやってきた、遥か高い所を渡っていった1羽のハチクマ。隣の藪からは、ウグイスの地なきとガビチョウの囀りが良く聞こえた。

10月19日
晴れ
09:30
12:30

 

 

 

 3

 

 

 

 

2週に渡り週末は台風の影響を受けましたが、今回は晴天に恵まれました。タカウォッチングも今日の観測でひとまず終了します。
本日はノスリ1羽が渡っていき、残りの2羽は留鳥でした。その他はアマツバメ3羽とビンズイ1羽、エゾビタキ2羽を確認しました。

11月03日
晴れ
11:00
12:35

 

 

 

 

 

 2

 

 1

 

 

連休の最終日。清清しい天気になり、午前11時から衣笠山展望台で猛禽類の観察を行いました。
展望台に向かう途中、1羽のハイタカ(逆渡り)を発見。気をよくして展望台に到着後すぐにハイタカ2羽(逆渡り)確認。その数分後に今度は猿島方向から1羽のミサゴが現れ、旋回を繰り返しながら西へと移動していきました。その後チョウゲンボウの雌が1羽現れ、高い所を移動して行きました。その後もノスリが2羽現れました。

12月6日
晴れ
10:00
13:00

 

 

 

 3

 

 

 

 

空気がひんやりしていて、この冬最低の気温。
ダウンを着こんでいつもの公園に出かけました。
展望台ではノスリ3羽、アマツバメ5羽、ウソ1羽、チョウゲンボウ1羽を確認。
園内ではコジュケイ、カワセミ、モズ、ヤマガラを撮影しました。

12月7日
晴れ
10:00
13:30
(番外編)

 

 

 

 6

 

 2

 

 

4年ぶりに武山での観測。気温12度。無風。 
展望台には3名の観察者がいました。この日はノスリが多くほとんどが留鳥で1羽だけ高い上空を渡っていった。他ではアカハラ1羽、ホオジロ1羽、アマツバメ1羽を確認した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        2012年度
                  2012/11/03更新(渡りのシーズンも終わりになってきたので、ひとまず終了。

/

観測地

天候

観測時間

サシバ

ハチクマ

ノスリ

オオタカ

ハイタカ

チゴハヤブサ

ハヤブサ

ミサゴ

ツミ

合計

その他

09/08

自宅

晴れ

0830-1200

1

 

 

 

 

 

1

 

 

30℃を越える暑さ。高い所でツバメの大群が群れていた。トンボ多し。サシバ逆渡り。

09/09

自宅

晴れ

0830-1200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

日差しが強い。今日も上空で群れて移動するツバメ多し。

09/22

自宅+衣笠山

曇り

0700-1200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

気温26℃9時から衣笠山へ。移動していくのは少数グループのツバメだけ。その中にコシアカツバメの姿もあった。

09/29

衣笠山

曇りのち晴れ

0830-1300

13

1

4

2

 

 

 

3

1

24

気温29℃。風弱く蒸し暑い。サシバは2グループで、海側コース5羽、天頂コース8羽。アマツバメ6羽、ツバメ16羽、コシアカツバメ3羽、エゾビタキ4羽、足環1569のついたドバト1羽。アカハラダカ1(写真確認)

09/30

衣笠山

晴れたり曇ったり

0900-1240

7

 

5

2

 

 

 

 

3

17

気温29℃。台風の影響で南よりの風。昨日同様蒸し暑い。ニイニイゼミはまだ健在。東からやってきたサシバの群れは西に移動。ツバメ7羽。ノスリ2羽は逆渡り。

10/06

衣笠山

晴れたり曇ったり

0905-1145

 

 

2

1

 

 

1

 

 

4

 気温27℃。風弱く蒸し暑い。現地入りした頃は霧の為見通しがきかなかったが、次第に晴れてきた。遥か遠方にアマツバメ8羽。カワウ3羽。ヒヨドリが渡ってきている気配なし。展望台付近に現われた野鳥は、コゲラ、ヤマガラ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、カラス、モズ、トビ。トンボの数は激減。ニイニイゼミの鳴き声も弱くなってきた。

10/08

衣笠山

晴れ

0900-1245

8

 

6

1

 

1

 

 

 

16

気温23度。暑くもなく寒くもなく、清々しい陽気。風は北東からのやや強い風が吹く。北東から南西に向かってツバメ21羽の集団が通過。アマツバメ6羽西へ移動。カワラヒワ30羽西へ移動。ヒヨドリ96羽が北から渡ってきた。(68羽の群れで)サシバ8羽の群は南側コースを旋回しながら移動。チゴは逆渡り。トンボの姿なし。ニイニイゼミに変わり、虫の声が響き渡る。

10/13

衣笠山

晴れ

0845-1200

1

 

1

 

 

1

 

 

 

3

気温24度。日中はやや暑かった。北よりの弱い風。どの方向見てもトビしか見当たらない。南よりのコースを移動中のサシバ1羽はトビに紛れていた。アマツバメの集団多く確認。その数62羽。ツバメ5羽。ヒヨドリ78羽カウント。ノスリもチゴも逆渡り。

10/20

富浦公園+轡堰

晴れ

1000-1300

1310-1330

 

 

 

 

 

 

 

1

 

1

気温23度。南よりの風。本日は場所を海辺に移動し、水鳥を観察。湾内には多くのユリカモメがやってきていた。カモ系ではスズガモの雌1羽、ヒドリガモ8羽。ユリカモメはウミネコ集団と行動を共にしていた。珍しいものは、ハシグロクロハラアジサシを写真識別で確認。(ブログにアップ)あと識別不能なシギチ系2羽。肝心の猛禽類はミサゴの1羽だけ、あとは見渡す限り全てトビ。沖合い見てもミズナギドリ系はゼロ。カウントと取っていないが、確認したのは、ウミネコ、カワウ、クロサギ、イソヒヨドリ雌、コサギ、イソシギ、ユリカモメ、カワラヒワ、モズ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズガモ、ヒドリガモ、ミサゴ、スズメ、トビ、アオサギ、ダイサギ、ハクセキレイ。その後、轡堰に立ち寄って確認した鳥は、モズ1、カワセミ1、オオバン2、カイツブリ1、ムクドリ12羽、ホシハジロ1、ヒドリガモ1、オナガガモ25、カルガモ6、カワウ、コサギ、ダイサギ、ゴイサギ、ホシゴイ、アオサギ、トビ、ハクセキレイ2 以上。

 

11/03

衣笠山

晴れ

1030-1300

 

 

2

2

 

 

 

1

 

5

気温18度。無風。アマツバメがまだ渡っていった。その数60羽を越える。内2羽は上空を欄解しながら大サービス。シメも南から11羽やってきた。ノスリは大楠山留鳥か。ミサゴはお魚握って移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

                         2011年度
                                          2011/10/23更新

/

観測地

天候

観測時間

サシバ

ハチクマ

ノスリ

オオタカ

ハイタカ

チゴハヤブサ

ハヤブサ

ミサゴ

ツミ

合計

その他

8/28

自宅

晴れ

1005-1200

6

 

1

 

 

 

 

 

 

 

9/10

衣笠山

晴れ

1030-1200

1

 

 

 

 

1

 

 

 

2

ツバメ1

9/11

衣笠山

晴れ

0730-1500

1

 

 

 

 

 

 

1

 

3

チョウゲンボウ1.アマツバメ無数、ツバメ無数、カワウ2羽、コムクドリ25羽、イソヒヨドリ3

9/23

衣笠山

晴れ

1030-1700

1

 

 

 

 

2

 

 

1

5

アカハラダカ1 ハリオアマツバメ1羽、ツバメ無数、アマツバメ無数、イワツバメ3羽、アサギマダラ1

9/24

太郎坊

曇り

1330-1600

25

 

 

1

 

 

 

 

 

26

ツバメ・アマツバメ・ヒメアマツバメ多数

10/01

衣笠山

曇り

0930-1330

 

 

 

 

 

1

 

 

 

1

エゾ3、ツバメ・アマツバメ多数、アサギマダラ1

10/02

衣笠山

曇り

0815-1530

50

 

1

 

 

 

 

1

1

53

エゾ12、モズ1、アサギマダラ1

10/08

衣笠山

晴れ

0830-1400

 

 

4

1

 

 

4

5

 

14

モズ1、ヒメアマツバメ・ツバメ無数、カモメ系1、アサギマダラ1、ヒヨドリ61組、午後5時自宅上空にヒメアマツバメ5010分程度乱舞

10/10

衣笠山

曇りのち晴れ

0945-1230

 

 

3

 

 

 

 

1

 

4

ホオジロ2羽、モズ2羽、アサギマダラ1

10/15

自宅

曇り+

1100-1430

 

 

 

1

 

 

 

 

 

1

今の時期、ヒヨドリの渡りを多く見かけるが、71組のみ。

10/16

衣笠山

晴れ

1000-1215

 

 

 

 

 

 

 

 

1

1

ホオジロ1羽、モズ1羽、アサギマダラ2、汗ばむ陽気だった。まだツクツクが1匹鳴いていた。 午後、自宅でヒメアマツバメ2羽確認。

10/23 

自宅 

薄曇り 

0900-1200 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0

ヒヨドリ9+9+90()